絶滅哺乳類

パレオパラドキシア、日本にもすんでいた不思議な海性哺乳類は見た目カバ

更新日:




パレオパラドキシア

パレオパラドキシアは、新生代 新第三紀 中新世前期~中期(2000万年前~1300万年前)の日本や北アメリカの海にすんでいた動物です。

見た目はカバに似ていますが、束柱目(そくちゅうもく)という絶滅した哺乳類グループの仲間です。


パレオパラドキシア
学名:Paleoparadoxia sp.(パレオパラドキシアの一種)
分類:哺乳網 束柱目 デスモスチルス科
時代:新生代 新第三紀 中新世前期~中期
体長:2m
発掘地:石川県、岐阜県、埼玉県、山梨県、北海道、北アメリカ
学名の意味:昔の不思議なもの

海にすむ哺乳類

パレオパラドキシアは、カバに似た水陸両生の動物で、新第三紀 中新世前期~中期(2000万年前~1300万年前)の日本や北アメリカにすんでいました。

カバ(鯨偶蹄目)に似ていますが、淡水にすむカバとは違い、暖かい海にすむ動物でした。

福井県立恐竜博物館のパレオパラドキシアの骨格。

太い短い胴体、大きい頭、短い四肢をしています。

骨格はもっとカバに似ているかと思ったら、案外似ていません。
カバはもっと胴体が長くて頭でっかちです。

目が高い場所にあるあたりは、カバと一緒。

パレオパラドキシアは、四肢の骨などに泳ぎに適応した対応が見られることから、沿岸の浅瀬にすみ、ほとんどを海中ですごしていたと考えられています。

パレオパラドキシアの左前肢。

前肢の肘から先の骨、尺骨(しゃっこつ:黄矢印)と橈骨(とうこつ:白矢印)は癒合してくっついちゃってます。

肘から先と手首の骨もほぼ一体化して、手首をひねることが出来ないようになっているので、肘から先を一本のオールみたいに使って泳いでいたのでしょう。

腕ごと回転させないと手首をひねることができないので、陸を歩く時にはかなり難儀したかもしれません。

けっこうギクシャクしてたかも。

束柱目(そくちゅうもく)とは

束柱目は、アフリカ獣類(ゾウ、ジュゴン、ハイラックス、ツチブタ、ハネジネズミ、テンレック)に含まれる絶滅グループです。

束柱目の仲間の奥歯は、一個の歯が太巻きを束ねたような独特の形をしているので、束柱目(そくちゅうもく)と呼ばれます。

束柱目の仲間の歯。これで1本の歯です。

奥歯がオリジナルすぎて、何を食べていたのかはっきり分かっていませんが、海草や藻を食べていたか、貝や甲殻類などの小動物を食べていたのではないか、と考えられています。

束柱目の仲間は、北太平洋沿岸(アメリカ、アラスカ、カムチャッカ、日本)から化石が見つかっていて、日本は束柱目の仲間の一大産地です。

日本ではパレオパラドキシアの他、アショロア、ベヘモトプス、デスモスチルスの化石が見つかっています。

束柱目の仲間は、中新世中期の後半(1100万年前)頃に地球全体が寒冷化すると絶滅し、現生哺乳類に近い仲間はいません。

もし地球が寒冷化しなければ、海岸にこんな動物が今もいたかも?。







-絶滅哺乳類
-,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2018 All Rights Reserved.