現生哺乳類

マーラ、ウサギに似ちゃったモルモットの親戚

投稿日:



マーラ

マーラは、南米アルゼンチンの草原地帯にすむ植物食動物です。

ウサギのような長い耳と長い足を持っていますが、モルモットの親戚です。

Patagonian mara
マーラ
分類:哺乳網 ネズミ目 テンジクネズミ科
学名:Dolichotis patagonum(ドリコティス・パタゴヌム)
英名:Patagonian mara(パタゴニアン マーラ)
体長:60~70cm

ウサギじゃないぞ

マーラは、南米アルゼンチンのパンパ(ラプラタ川流域に広がる草原地帯)にすんでいます。

長い耳に長い足、ウサギのような姿をしていますが、ネズミの仲間です。
Patagonian mara

マーラはネズミ類の中ではモルモットに近い種類です。よーく見ると顔面の鼻や口のあたりはなんだかモルモットに似ています。
Patagonian mara

こっちがモルモット。マーラと違って、まるっこい体。
ginia-pig

モルモットは狭い穴の中で暮らすためにずんぐりむっくりの体に進化しましたが、マーラは見晴らしのよい草原で暮らすために、大きな耳で敵をすばやく見つけて、長い足で走って逃げるように進化しました。

夜行性の捕食動物に狙われないため、マーラは昼間に活動します。
Patagonian mara
動物園でもいつでも元気に動き回っています。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク

-現生哺乳類
-,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2019 All Rights Reserved.