恐竜類

プラテオサウルス、首が伸びて大型化が始まった頃の植物食恐竜

更新日:




プラテオサウルス

プラテオサウルスは、今から2億3700万年前(三畳紀後期)のヨーロッパにすんでいた植物食恐竜です。

成体の体長は6~10m前後で、三畳紀後期の恐竜としては最大級の植物食恐竜です。

プラテオサウルス
学名:Plateosaurus engelhardti(プラテオサウルス・エンゲルハーティ)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 竜盤目 竜脚形亜目 プラテオサウルス科
時代:中生代 三畳紀後期
体長:6m
発掘地:ドイツ
学名の意味:幅の広いトカゲ

170年も前から

プラテオサウルスは、今から2億3700万年前、三畳紀後期のヨーロッパにすんでいた植物食恐竜です。

体長は大きいもので10m。

今から170年以上も前の、恐竜が研究され始めた頃から知られている恐竜で、ヨーロッパでは100体以上のプラテオサウルスの化石が見つかっています。

長い首にちいさな頭、長い尻尾が特徴で、足跡の化石から、二足歩行と四足歩行を併用していたことが分かっています。

原始的な竜脚形類、古竜脚類とは

プラテオサウルスは、『原始的な竜脚形類(りゅうきゃくけいるい)』に分類されています。

プラテオサウルスを含む原始的な竜脚形類は、以前は古竜脚類(こりゅうきゃくるい)と呼ばれていましたが竜脚類の直接の祖先ではないので、現在は古竜脚類という分類は使われていません。

『原始的な竜脚形類』は、長い尾、長い首、小さな頭という、後に現れる竜脚類(りゅうきゃくるい:ブラキオサウルスやディプロドクス)の特徴をすでに持っているので、
原始的な竜脚形類が竜脚類へとへ進化したように勘違いしそうですが、『原始的な竜脚形類』は、竜脚類の直接の祖先とは別の系統へ枝分かれして滅んだグループです。

三畳紀後期最大級の恐竜

プラテオサウルスの体長は6~10mで(成体でも体長にばらつきがある)、三畳紀後期の恐竜としては最大級です。

最初の恐竜類が現れたのは三畳紀中期とされているので、かなり早くから大型化が始まったということになります。

植物食恐竜が大型化すると、後を追うように肉食恐竜も大型化するのですが、プラテオサウルスがいた時代は獣脚類(肉食恐竜)はまだ大型化していませんでした。
大きいものでリリエンステルヌス(5m)やヘレラサウルス(4m)などでした。

体が大きいだけで無敵だったろうと思いきや、当時は恐竜よりも、クルロタルシ類(ワニの親戚)や、単弓類(哺乳類の祖先)、大型の両生類などが繁栄していたのです。

三畳紀後期の大型捕食者。クルロタルシ類のレドンダサウルス。
体長10m級の↓こんなのが、陸にも水中にもいた時代。

三畳紀末の大量絶滅によって、クルロタルシ類、単弓類、大型両生類が激減すると、スキマを生めるように恐竜類が多様化します。

三角形の馬ヅラ

プラテオサウルスの頭骨です。長い顔、馬ヅラです。

原始的な竜脚形類は、頭骨を下からみると三角形です。(上から見ても三角形です。)
口先が先細りしてるのです。

さらに、口先にいくほど、歯の丈が短くなるのも原始的な竜脚形類の特徴です。

プラテオサウルスは、木の葉型の、フチにギザギザのある歯をしています。
植物をザクザクと切り刻んで食べていたのでしょう。

カギ爪のある指

プラテオサウルスの手足です。

前肢の指にはカギ爪があり、第一指(親指)がいちばん大きなカギ爪になってます。前肢は5本指ですが、第5指(小指)は退化しています。
指は物をつかむように動かすことができたので、植物を手繰り寄せることに使ったのかもしれません。

後肢の指もカギ爪で5本指ですが、やっぱり第5指(小指)は退化していて小さく、いちばん大きなカギ爪は第一指(親指)です。
後肢でいちばん長い指は第三指(中指)です。

管理人
後肢でいちばん長い指が第三指(中指)なのは、原始的な竜脚形類に共通する特徴です。







-恐竜類
-, ,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2018 All Rights Reserved.