恐竜類

シノベナトル、鳥類に最も近い羽毛恐竜

更新日:




シノベナトル(シノベナトール)

シノベナトルは白亜紀前期の中国にすんでいた肉食恐竜です。

体長1.2mほどの小型の羽毛恐竜で、鳥類にもっとも近い恐竜グループ、トロオドン類に分類されていいます。


シノベナトル(シノベナトール)
学名:Sinovenator changii(シノベナトル・チャンギイ)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 竜盤目 獣脚亜目 トロオドン科
時代:中生代 白亜紀前期
体長:1.2m
発掘地:中国 遼寧省
学名の意味:中国の狩人(シナ=中国の、ベナトル=狩人)

以外に小さいぞ

シノベナトルは白亜紀前期の中国にすんでいた肉食恐竜です。

体長は1.2m。胴体よりも尻尾が長いので、人のヒザくらいの丈しかありません。

何を食べていた?

シノベナトルの頭骨です。

大きめの頭に、大きな眼窩(目の穴)。

眼窩が大きいので視力が良く、夜でも活動できた、という説もあります。

細いアゴには小さな細かい歯があります。昆虫や小動物(哺乳類も含む)などを食べていたのでしょう。

前肢の指は獲物を掴むというよりは翼のために伸びちゃってるので、狩りには使えなかったんじゃないかな。

後肢の「恐ろしいカギ爪」は小さめで、殺傷能力があったかどうか・・。

「恐ろしいカギ爪」は敵から身を守るために使ったか、仲間同士のケンカや威嚇に使ったのかもしれません。

あっち向いて、恥骨

シノベナトルは、獣脚類の中では最も鳥類に近いグループ「トロオドン類」に含まれています。

トロオドン類の中では原始的な仲間ですが、
他の獣脚類では前方に伸びる恥骨が、シノベナトルでは鳥類のように後方に伸びているのが特徴です。

シノベナトルの恥骨。

進化型のトロオドン類は恥骨が前方に伸びています。
トロオドン(体長2.4m)の恥骨。

シノベナトルの段階で一旦後方に向いた恥骨が、トロオドン類が大型化するにつれ前方に向き直り、鳥類に進化する際には、またまた恥骨が後方に伸びたと、いうわけです。

シノベナトル、描いてみた

体の割りに大きな頭骨、眼窩も大きいです。首はそんなに長くないのですが、鳥っぽくS時に曲がっています。

後肢の第二指(人差し指)は持ち上がり、デイノニコサウルス類(ドロマエオサウルス類とトロオドン類)に共通する「恐ろしいカギ爪」になっています。
後肢は長いので、速く走れたようです。

この仲間は鳥類にもっとも近い恐竜グループということで、全種類に羽毛があったと考えられています。







-恐竜類
-, ,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2018 All Rights Reserved.