恐竜以外の爬虫類

ステノプテリギウスの妊婦さんと子ども

投稿日:




ステノプテリギウス

ステノプテリギウスは、ジュラ紀前期~ジュラ紀後期の海にすんでいた魚竜類(ぎょりゅうるい)です。

魚竜類は水中で暮らすように進化した爬虫類で、イルカに似た姿をしています。


ステノプテリギウス
学名:Stenopterygius quadriscissus(ステノプテリギウス・クアドリスキッサス)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 広弓下網 魚竜上目 ステノプテリギウス科
時代:中生代 ジュラ紀後期
体長:3m
発掘地:ドイツ
学名の意味:狭いヒレ

一生を水中で暮らす爬虫類

ステノプテリギウスは、海にすむ爬虫類「魚竜類(ぎょりゅうるい)」です。

魚竜類は、一生を水中で暮らすためにイルカによく似た体型に進化しています。

ステノプテリギウスの体長は約3m、ジュラ紀前期~ジュラ紀後期のヨーロッパで暮らしていました。

管理人
ジュラ紀のヨーロッパは陸地はほとんど無く、小さな島が点在する浅い海でした。

イルカやクジラは鼻孔(呼吸の穴)が頭のてっぺんにありますが、魚竜類は目の先に鼻孔があります。

呼吸するときの泡とか呼気がバンバン目玉に当たりそう・・、視界のジャマにはならなかったのかなあ?。

ステノプテリギウスの妊婦さん

魚竜類は爬虫類ですが、水中で一生を過ごすように進化したため、卵を産まずに子どもを産みます。

お腹の中に胎児がいるステノプテリギウスの化石です。

この化石は親、ステノプテリギウスのお母さん。上の白い看板あたりに胎児がいます。

胎児が親の頭側を向いた状態、長い口先と前ヒレ、尻尾が見えます。

親と同じ形をした状態まで育っているので、生まれるまでもうすぐだったのかもしれません。

子どもの化石を見るとなんだか切ないね・・。生きたかったろうに。

ステノプテリギウス、描いてみた

ステノプテリギウスを描いて見ました。イルカによく似た流線型の体型です。

頭は小さいのですが、後頭部辺りが盛り上がって太くなっています。他の魚竜類のようにシュッとしていません。

前のヒレよりも後ろのヒレの方がかなり小さい、目が大きいという特徴があります。

ステノプテリギウス=狭いヒレ、の学名通りヒレの幅を狭く描きたいところですが、他の魚竜類に比べれば狭いだけのような・・。化石ではそんなに狭くないです。







-恐竜以外の爬虫類
-, , ,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2019 All Rights Reserved.