「 マ行 」 一覧

鳥脚類

マイアサウラと恐竜子育て説

2020/03/08    , ,

マイアサウラ マイアサウラは白亜紀紀後期の北アメリカにすんでいた大型のハロドサウルス類(カモノハシ恐竜)です。 ハドロサウルス類の仲間のうち、地味な突起や目立たないトサカを持つグループ「ハドロサウルス ...

周飾頭類

マグニロストリス、頭骨しか見つかっていないプロトケラトプスの仲間

2020/01/26    , ,

マグニロストリス マグニロストリスは白亜紀後期の中国にすんでいた角竜類です。 頭骨しかみつかっていませんが、プロトケラトプス科の仲間です。 マグニロストリス(頭骨) 学名:Magnirostris d ...

絶滅哺乳類

モロプス、カギ爪の奇蹄類は尻下がり

2020/01/11    ,

モロプス モロプスは、新第三紀 中新世の北アメリカやヨーロッパにすんでいた奇蹄目(ウマ目)の仲間です。 奇蹄目の中の絶滅グループ、カリコテリウム科の仲間で、ヒヅメではなくカギ爪を持っているのが特徴です ...

絶滅哺乳類

マクラウケニア、南米特有の絶滅有蹄類、最後の仲間

2019/10/29    ,

マクラウケニア マクラウケニアは、2万年前の南米にすんでいた、ヒヅメを持つ植物食哺乳類です。 ヒヅメを持ちますが、ウマ(奇蹄類)やウシ(偶蹄類)の仲間でも、近い仲間でもなく、南アメリカ特有の「午蹄類( ...



獣脚類

モノニクス、ティラノサウルスよりも指が少ない1本指の獣脚類

2019/07/03    , ,

モノニクス モノニクスは白亜紀前期のモンゴルにすんでいた獣脚類です。 ダチョウのような体型で、目が大きくクチバシを持ち、以前は鳥類ではないか、とされていました。 前肢の指が退化して無くなり、大きな親指 ...

古生代の生物

メソサウルス、もしくは、ステレオステルヌム、最初に海に進出した爬虫類

メソサウルス メソサウルスは、古生代 ペルム紀の海にすんでいた体長1mほどの爬虫類です。 最初に完全に水中生活に適応した爬虫類として有名です。 よく似た3種類が知られていますが、どの種も「メソサウルス ...

Patagonian mara

現生哺乳類

マーラ、ウサギに似ちゃったモルモットの親戚

2019/05/08    ,

マーラ マーラは、南米アルゼンチンの草原地帯にすむ植物食動物です。 ウサギのような長い耳と長い足を持っていますが、モルモットの親戚です。 マーラ 分類:哺乳網 ネズミ目 テンジクネズミ科 学名:Dol ...

恐竜以外の爬虫類

マラスクス、恐竜の祖先に最も近い爬虫類

2019/05/05    , ,

マラスクス(ラゴスクス) マラスクスは恐竜の祖先に近い爬虫類です。 恐竜に似ていますが恐竜ではなく、恐竜の祖先でもありません。 しかし、恐竜の祖先はマラスクスによく似ていただろう、とされています。 マ ...

竜脚形類

マメンチサウルス、とほうもなく長い首、アジア最大の竜脚類

2019/04/25    , ,

マメンチサウルス マメンチサウルスはジュラ紀後期の中国にすんでいたアジア最大の竜脚類です。 最大体長は26m、体長の半分は首。とっても首の長い恐竜です。 マメンチサウルス(胴体) 学名:Mamench ...



絶滅哺乳類

ミロミガーレ、ハネジネズミのご先祖様

2018/10/29    ,

最古のハネジネズミ ミロミガーレは、最古のハネジネズミ目の仲間です。 ハネジネズミ目というグループは、アフリカにすんでいる食虫性の小動物で、長い後ろ足と長い鼻を持っています。 ミロミガーレ 学名:My ...

Copyright© ひとり古生物祭り , 2020 All Rights Reserved.