中生代

中生代三畳紀、哺乳類の祖先が衰退し爬虫類の繁栄が始まった時代

更新日:




爬虫類の繁栄が始まった時代

三畳紀(さんじょうき)は中生代の最初の時代です。

今から約2億5200万年前~約2億0100万年前までの約5100万年間が三畳紀です。

三畳紀という名前の由来は、南ドイツにある三畳紀の地層が赤、白、茶の3色の層に分かれて重畳(ちょうじょう:重なること)しているところから、三畳紀と呼ばれます。

三畳紀の大陸配置と三畳紀の生物

三畳紀の大陸配置と三畳紀の生物です。

クリックすると拡大します。

参照:ポプラディア図鑑 WONDA大昔の生きもの

三畳紀の大陸は、ペルム紀に引き続きたった一つです。
ユーラシア大陸、アフリカ大陸、北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、オーストラリア大陸、 南極大陸ぜーんぶくっついてひと続きの大きな陸地、『超大陸パンゲア』となっていました。

陸の生物は一続きの陸地を移動することができ、世界中で繁栄しました。

三畳紀初期、古生代ペルム紀末に下がった気温から徐々に暖かくなり、大陸の沿岸部にはシダ植物の森林が広がり、内陸部は乾燥した広大な砂漠が広がっていました。
三畳紀後期にかけて気温は徐々に高くなり、シダ植物の森林は徐々にイチョウなどの裸子植物に置き換わっていきました。

三畳紀末期になると「超大陸パンゲア」は分裂を始めます。

三畳紀に繁栄していたのは哺乳類の祖先

三畳紀に繁栄していたのは、恐竜ではありませんでした。

「古生代ペルム紀末の大量絶滅」から復活した単弓類(たんきゅうるい:哺乳類の祖先)や、三畳紀になってから現れたクルロタルシ類(ワニの祖先グループ)、淡水域には大型両生類の仲間が繁栄していました。

三畳紀を代表する単弓類、リストロサウルス。体長1mの植物食動物です。

哺乳類の祖先の親戚とは思えぬシルエットですが、世界中で化石が見つかっているほど大繁栄した植物食の動物なのです。
 
 
三畳紀に現れたニュータイプの爬虫類、クルロタルシ類。レドンダサウルス。現生のワニ類はクルロタルシ類の唯一の生き残りです。

レドンダサウルス、ワニとは違うのだよ!ワニとは!!三畳紀の巨大爬虫類

レドンダサウルス レドンダサウルスは、三畳紀後期の北アメリカにすんでいた大型爬虫類です。 姿はワニに似ていますが、フィトサウルス類という絶滅した爬虫類グループの一種です。 学名に「サウルス」とつきます ...

続きを見る


 
三畳紀前期、海には完全に水中生活に適応した爬虫類「魚竜」が現れました。

現在見つかっている最古の魚竜は、日本の宮城県で見つかった「ウタツサウルス(歌津のトカゲ)」です。

ウタツサウルスは、見た目はすでに魚竜ですが、後の魚竜では完全に退化してしまう首の関節や骨盤がまだ残っていました。

恐竜、現る!。翼竜も哺乳類も現る。

三畳紀中ごろ、爬虫類のあるグループから「恐竜」と「翼竜」が現れた、と考えられていますが、祖先となった爬虫類は見つかっていません。

恐竜形類(きょうりゅうけいるい:恐竜類の祖先に一歩手前の爬虫類グループ)。
恐竜類に分類するにはちょっと足りない、マラスクス(ラゴスクス)という爬虫類。

マラスクスが生きていた時代にはすでに恐竜がいたので、マラスクスは恐竜の祖先ではないよ。
 
 
こちらは恐竜。
現れたばかりの頃の恐竜類、獣脚類のエオドロマエウス。体長1.5m。

竜脚形類のエオラプトル。体長1.5m。

管理人
恐竜が現れた頃、単弓類のキノドン類から哺乳類も現れています。

恐竜が繁栄を始めたきっかけは大量絶滅

三畳紀末期、中生代初の大量絶滅が起こります。
「三畳紀末の大量絶滅」と呼ばれ、生物グループ(属)の約45%(科単位では12%)が絶滅した、とされています。

大型爬虫類のクルロタルシ類、単弓類、大型両生類、海では二枚貝や無顎類(アゴのない魚)が数を減らし、激減しました。

「三畳紀末の大量絶滅」の原因はわかっていませんが、三畳紀後期には超大陸パンゲアが分裂を始めているので、大陸移動による大噴火が一因となって温暖化や内陸部の乾燥化が発生し、乾燥と高温に適応できなかった植物や生物が激減したのではないか、とされています。

いなくなった生物のニッチ(生態的スキマ)に進出したのが、当時まだ小型で脇役だった恐竜類です。

今までは、恐竜類は他の生物と競合して勝ち残り、積極的にニッチ(生態的スキマ)を奪ってに進出した、と考えられていましたが、大量絶滅以降にボチボチ多様化したことがわかり、競合に勝った!というよりは、絶滅した生物の空いたニッチにどさくさまぎれに進出していった、と考えられるようになっています。

恐竜以外にニッチを埋める生物がいなかったのでしょう。

恐竜類は急激に多様化し、大型化していきます。

三畳紀末、大型化を始めた恐竜

三畳紀末、恐竜はすでに体長10m近いものが現れています。最初に大型化したのは植物食恐竜です。

大型化のさきがけ、竜脚形類のプラテオサウルスは体長10mの植物食恐竜。

竜脚形類は、大型化したことで天敵がいなくなり、大繁栄し、さらに大型化していきました。

植物食恐竜を獲物にしていた肉食恐竜も、少し遅れて大型化を始めます。

獣脚類のヘレラサウルス。体長4m。

大型化しなかった哺乳類

恐竜と同じ頃に現れた哺乳類は、大型化の方向に進化しませんでした。

管理人
祖先グループだった単弓類には体長3m近い大型の種類もたくさんいたのですが・・。

昆虫が小型化する方向に進化していったため、昆虫をエサにしていた哺乳類は大型化する必要がなかった、という説の他、
恐竜が一足先に大型化したため、ニッチがなかった、という説があります。

2億2500万年前の哺乳類、アデロバシレウス。推定体長は最大で10cm。

アデロバシレウス、ウンコ化石の中から見つかった最古の哺乳形類

アデロバシレウス アデロバシレウスは中生代 三畳紀後期の北アメリカにすんでいた哺乳形類です。 1.5cmほどの頭骨しか見つかっていませんが、現在見つかっている哺乳形類では最古の種類です。 アデロバシレ ...

続きを見る

三畳紀の次の時代は、ジュラ紀です。ジュラシックパークのジュラはジュラ紀のジュラです。

中生代 ジュラ紀へGO!→







-中生代
-, ,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2018 All Rights Reserved.