恐竜・鳥脚類

恐竜・鳥脚類

ウーラノサウルス、アフリカにすんでいた帆のあるイグアノドン類

ウーラノサウルス(オウラノサウルス) ウーラノサウルスは、アフリカにすんでいた大型の植物食恐竜です。 口先がカモのクチバシのように平たく、背中に帆を持つのが特徴です。 イグアノドン科のなかでは唯一アフ ...

恐竜・鳥脚類

ヒプシロフォドン、足が速かった原始的な鳥脚類

ヒプシロフォドン ヒプシロフォドンは、白亜紀前期のヨーロッパにすんでいた二足歩行の小型植物食恐竜です。 ヒプシロフォドンの仲間は新鳥脚類のうちではもっとも原始的な仲間です。 進化型の鳥脚類では口先の歯 ...

恐竜・鳥脚類

エドモントサウルス、どんなトサカ?、こんなトサカ?

エドモントサウルス エドモントサウルスは、白亜紀末期のアメリカやカナダにすんでいたハドロサウルス類(カモノハシ竜)です。 頭部に隆起がないのでトサカを持っていないと考えられていましたが、 保存状態のよ ...

恐竜・鳥脚類

サウロロフス、後頭部に刺さったようなトサカを持つハドロサウルス類

サウロロフス サウロロフスは、白亜紀後期のアジアやカナダにすんでいたハドロサウルス類(カモノハシ竜)です。 後頭部に棒が突き刺さったようなトサカを持つのが特徴です。 サウロロフス 学名:Saurolo ...

恐竜・鳥脚類

プロサウロロフス、鼻の骨でできた低いトサカを持つハドロサウルス類

プロサウロロフス プロサウロロフスは、白亜紀後期のカナダやアメリカにすんでいたハドロサウルス類です。 目の上に、鼻の骨でできた低いトサカを持っているのが特徴です。 プロサウロロフス 学名:Prosau ...

恐竜・鳥脚類

イグアノドン、親指スパイクがいいね

イグアノドン イグアノドンは、白亜紀前期のヨーロッパにすんでいた植物食恐竜です。 『世界で最初に発見された恐竜』として有名です。 歯の磨り減りに対応した控えの歯(デンタルバッテリー)を持ち、前肢にスパ ...

恐竜・鳥脚類

パラサウロロフス、美声だった?、トサカの長いハドロサウルス類

パラサウロロフス パラサウロロフスは、後頭部に長~く伸びるトサカが特徴のハドロサウルス類(カモノハシ竜)です。 ハドロサウルス類のうち、派手なトサカを持つグループ『ランベオサウルス類』のトサカの役割や ...

恐竜・鳥脚類

ニッポノサウルスは亜成体だった、樺太で見つかったハドロサウルス類

ニッポノサウルス ニッポノサウルスは、1934年、当時日本領だった樺太(からふと、サハリン)で発見された植物食恐竜です。 ハドロサウルス類(カモノハシ竜)のうち、派手なトサカを持つグループ『ランベオサ ...

恐竜・鳥脚類

ヒパクロサウルス、成長とともに立派になったトサカ

ヒパクロサウルス ヒパクロサウルスは、頭に半円形のトサカを持つハドロサウルス類(カモノハシ竜)です。 ハドロサウルス類の中でも派手なトサカを持つグループ、ランベオサウルス類に含まれます。 ヒパクロサウ ...

恐竜・鳥脚類

オロロティタン、後頭部に扇形のトサカを持つハドロサウルス類

オロロティタン オロロティタンは白亜紀後期のロシアにすんでいた大型のハドロサウルス類(カモノハシ竜)です。 ハドロサウルス類のうち、頭に目立つ突起やトサカがある仲間「ランベオサウルス類」に含まれます。 ...



© 2020 ひとり古生物祭り