翼竜類

ランフォリンクス、出歯。

ランフォリンクス

ランフォリンクスはジュラ紀後期のドイツやイギリスにすんでいた翼竜類です。

アーケオプテリクス(始祖鳥)が見つかることで有名なゾルンホーフェンから状態の良い化石が見つかっていて、翼竜類の中ではよく研究されている種類の一つです。


ランフォリンクス
学名:Rhamphorhynchus muensteri(ランフォリンクス・ムエンステリ)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 翼竜目 ランフォリンクス亜目 ランフォリンクス科
時代:中生代 ジュラ紀後期
翼開長:約1.8m
発掘地:ドイツ、イギリス
学名の意味:クチバシの鼻先

どんな翼竜?

ランフォリンクスはジュラ紀後期(チトニアン:約1億5210万年前~約1億4500万年前)のドイツやイギリスにすんでいた翼竜類です。

翼開長は最大1.8m。ヒトと比べるとこれくらい。

管理人
翼開長とは、翼幅、翼開帳とも呼ばれます。左右の翼を広げた時の翼の端から端までの長さです。

前方に突き出した細長い歯と、胴より長い尻尾が特徴です。

翼の皮膜(翼膜)の痕跡が残った化石から、翼は幅が狭く後肢までつながっていたこと、後肢と尻尾の間にも皮膜があったことがわかっています。

尾の先端には凧(たこ)みたいな膜があり、
尻尾の凧は幼体と成体で形が違っていて、卵型→ひし形→最終的には三角形に変化していったようです。

分類

ランフォリンクスの分類はここらへん。

ランフォリンクス類の代表種ですが、ランフォリンクス類の中では現れたのが後の方で、ジュラ紀末期には絶滅しています。

何を食べていた

ランフォリンクスの頭骨。出歯です。

ランフォリンクスは、胃の内容物やフン化石から、魚やイカなどを食べていたことがわかっています
歯は前方へ突き出していますが、口を閉じると上下の歯がちゃんと交差するように並んでいました。

獲物の採り方には諸説あって、飛びながら引っかけた説、海鳥のように水上に浮くことができた説などがあります。

海鳥のように浮くことができた説は、根拠が無いトンデモ説ではなく、
実際に、肉食魚の胃からランフォリンクスの骨が見つかったり、肉食魚と一緒に化石になっているランフォリンクスが見つかっていることが根拠になっていてます。

浮いている所や着水している時に肉食魚に狙われることが多かったのかもしれません。

管理人
ランフォリンクスが飲み込んでいる魚や一緒に化石として発見される魚は海水魚です。

鞏膜輪と夜行性

現生のトカゲや鳥類には、眼球を支えるドーナツ状の骨「鞏膜輪(強膜輪:きょうまくりん)」を持つものがいます。

翼竜類や恐竜類の化石からも鞏膜輪が見つかっています。
恐竜、オルニトミムスの鞏膜輪。

近年の研究で、夜行性の場合は鞏膜輪の外側の直径に対して内側の直径が大きいこと、
昼行性の場合は外側の直径に対して内側の直径が小さいことが判明し、翼竜類の半数が夜行性だったと推測されています。

ランフォリンクスは鞏膜輪の残る化石から、夜行性だったと推測されています。

同じく、鞏膜輪の残る化石から、アーケオプテリクス(始祖鳥)は昼行性だったと推測されています。

同じ時代、同じ場所にすんでいても、ランフォリンクスとアーケオプテリクスが出会うことは少なかったのかもしれません。

ランフォリンクス描いてみた

大きな眼窩、歯はすべて前方へ飛び出し、首は短く、頭は首に対してまっすぐ付いています。

管理人
足跡の化石が見つからないこと、翼膜が後肢まであることから、地上を歩きまわることはほとんどなかったと推測されています。

夜行性なら派手な体色や目立つ模様ではなく、フクロウやヨタカみたいな目立たない体色だったかも。

ランフォリンクスが群れを作っていたかどうかは不明ですが、ジュラ紀後期のドイツでは、夕方になるとあちこちからランフォリンクスが現れ、海へ向かって飛んで行く光景が見られたのかもしれません。

-翼竜類
-, ,

© 2020 ひとり古生物祭り