「恐竜類」 一覧

スポンサーリンク

恐竜類

カテゴリ一覧

獣脚類

ザナバザル、アジア最大のトロドン科、旧サウロルニトイデス・ジュニオル

2019/12/14    , ,

ザナバザル(ザナバザール) ザナバザルは白亜紀末期のモンゴルにすんでいた獣脚類で、恐竜類の中では最も鳥類に近いとされるトロオドン科の仲間です。 以前はサウロルニトイデスの一種とされていましたが、200 ...

獣脚類

トロオドン、最も賢いとされた恐竜旧ステノニコサウルスの巣と卵

2019/12/08    , ,

トロオドン トロオドンは中生代 白亜紀後期の北アメリカにすんでいた獣脚類です。 恐竜類の中で最も鳥類に近いとされるトロオドン科の代表種で、営巣の方法も鳥類に近い習性を持っていたようです。 トロオドン ...

獣脚類

アリオラムス、顔ほそ長い系ティラノサウルス類

2019/11/23    , ,

アリオラムス アリオラムスは白亜紀後期のモンゴルにすんでいたティラノサウルス類です。 ティラノサウルス類の中では珍しく、丈の低いほそ長い顔をしています。 アリオラムス(頭骨) 学名:Alioramus ...

鳥脚類

シリントーナ、タイ王国の新属新種のイグアノドン類

2019/11/19    , ,

シリントーナ シリントーナは、白亜紀前期のタイ王国にすんでいたイグアノドン類です。 福井県立恐竜博物館とタイ王国の珪化木鉱物資源東北調査研究所によって発見された新属新種のイグアノドン類です。 シリント ...



鳥脚類

ボロン、イグアノドン類の子ども

2019/11/19    , ,

ボロン ボロンは、白亜紀前期の中国にすんでいたイグアノドン類の幼体です。 成長しても体長3m程度の小型イグアノドン類の幼体であると考えられています。 ボロン 学名:Bolong yixianensis ...

獣脚類

トルヴォサウルス、ジュラ紀後期のヨーロッパ最大級の獣脚類

2019/11/13    , ,

トルヴォサウルス(トルボサウルス) トルヴォサウルスは、ジュラ紀後期の北アメリカ、ポルトガルにすんでいた肉食恐竜です。 同じ時代の北アメリカにはアロサウルスやケラトサウルスもすんでいました。 ジュラ紀 ...

鳥脚類

プロバクトロサウルス、ハドロサウルス科の祖先に近い仲間

2019/10/10    , ,

プロバクトロサウルス プロバクトロサウルスは、白亜紀前期の中国にすんでいた植物食恐竜です。 イグアノドン類に似た姿をしていますが、歯のつくりなどはハドロサウルス類に近く、ハドロサウルス類の祖先に近い仲 ...

鳥脚類

ランベオサウルス、中空のトサカを持つハドロサウルス類の代表種

2019/09/28    , ,

ランベオサウルス ランベオサウルスは白亜紀後期のカナダやアメリカにすんでいた大型のハロドサウルス類(カモノハシ竜)です。 ハドロサウルス類のうち、頭に目立つ突起やトサカが発達したグループ「ランベオサウ ...

周飾頭類

ステゴケラス、パキケファロサウルス類は賢くて活動的だった

2019/09/19    , ,

ステゴケラス ステゴケラスは白亜紀後期のアメリカやカナダにすんでいた堅頭竜類(けんとうりゅうるい)です。 堅頭竜類は石頭恐竜(いしあたまきょうりゅう)とも呼ばれ、頭骨が分厚くなっているのが特徴です。 ...



鳥脚類

カムイサウルス、北海道のむかわ竜、新属新種で学名「神の竜」に

2019/09/08    , ,

カムイサウルス(むかわ竜) カムイサウルスは白亜紀後期の日本にすんでいたハロドサウルス類(カモノハシ竜)です。 北海道むかわ町で見つかったことから愛称「むかわ竜」と呼ばれていましたが、新種であることが ...



Copyright© ひとり古生物祭り , 2019 All Rights Reserved.