恐竜類

カスモサウルス、フリルに大穴の角竜類

更新日:



カスモサウルス

カスモサウルスは白亜紀後期の北アメリカにすんでいた角竜類です。

トリケラトプスと同じく、白亜紀後期に現れた進化型の角竜類のグループに含まれます。

頭骨のフリルに大きな三角形の穴があいているのが特徴です。


カスモサウルス
学名:Chasmosaurus sp.(カスモサウルスの一種)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 鳥盤目 周飾頭亜目 角竜下目 ケラトプス科 カスモサウルス亜科
時代:中生代 白亜紀後期
体長:5.2m
発掘地:アメリカ モンタナ州
学名の意味:穴あきトカゲ

トリケラトプスと同じグループ

カスモサウルスは白亜紀後期(カンパニアン:約8360万年前~約7210万年前)のアメリカやカナダにすんでいた角竜類です。

トリケラトプスと同じグループ「カスモサウルス亜科」に含まれ、進化型の角竜類の中では原始的、とされています。

最大体長7m、推定体重900kg~3.5t、頭骨のフリル(えり飾り)に大きな三角形の穴があいているのが特徴です。

正面から見たカスモサウルス。

鼻の上に小さな角、眼窩の上の大きな角は正面を向いています。

全てのカスモサウルスがこのような角だったわけではないようで、個体によってけっこうバラバラの角なのです。

基本的に眼窩(目の穴)の上に大きい角が一対、鼻先に小さい角が一本ですが、個体によっては角ではなくコブ状態だったり、低かったり長かったりします。

これは別のカスモサウルス。

別種のように見えますが、フリル(えり飾り)は長方形で、尖った骨で縁取られているのは共通しています。

化石は複数がまとまって見つかり大きな群れでくらしていたようなので、オス、メス、大人、子ども、成長度合いや地域差などで角の向きや大きさが異なっていたのかもしれません。

管理人
長い角を持つのがカスモサウルス・カイセニ、角がほとんど無いのがカスモサウルス・ベリとする説もあるのですが、同じ時代の同じ地層で見つかるため、雌雄の差であるという説もあります。

カスモサウルスを上から撮影。

頭骨のフリルに開いた大きな穴は三角形です。

角竜類は、上から見ると、頭骨がとても大きいのがわかります。

カスモサウルス亜科の仲間(トリケラトプスなど)は尻尾が短いのですが、カスモサウルスはカスモサウルス亜科の中では原始的なので、ちょっと長めの尻尾です。

尻尾でバランスを取る必要が無くなり、だんだん短くなっていったのでしょう。







-恐竜類
-, ,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2019 All Rights Reserved.