周飾頭類

プレノケファレ、小型の石頭恐竜

更新日:



プレノケファレ

プレノケファレは、白亜紀後期のモンゴルにすんでいた植物食恐竜です。

石頭恐竜パキケファロサウルス(体長8m)の仲間ですが、プレノケファレは体長2.5mでずっと小型でした。


プレノケファレ
学名:Prenocephale sp.(プレノケファレの一種)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 鳥盤目 周飾頭亜目 堅頭竜下目 パキケファロサウルス科
時代:中生代 白亜紀後期
体長:2.5m
発掘地:中国 内モンゴル自治区
学名の意味:かたむいた頭

地味に飾っています

プレノケファレは白亜紀後期(カンパニアン~マーストリヒチアン:約8360万年前~約6600万年前)のモンゴルにすんでいた植物食恐竜です。

石頭恐竜で有名なパキケファロサウルス(体長8m)の仲間ですが、プレノケファレは体長2.5m、推定体重20kg~40kgほどで、ずっと小型でした。

頭のてっぺんはドーム状に高く盛り上がり、後頭部、鼻ヅラの他、目の周りにも細かい骨の飾りがありますが、小さいせいかあんまり派手に見えない。

パキケファロサウルスはコブやらトゲやらで派手なのに。

パキケファロサウルス、頭骨の厚さは20cm以上。なんたる石頭!

パキケファロサウルス パキケファロサウルスは、白亜紀後期のアメリカにすんでいた二足歩行の植物食恐竜です。 パキケファロサウルスの仲間は分厚い頭骨を持つのが特徴で、堅頭竜(けんとうりゅう)とか、いしあた ...

続きを見る

管理人
パキケファロサウルスの仲間は多くが北アメリカにすんでいますが、プレノケファレはモンゴルにすんでいました。







-周飾頭類
-, ,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2019 All Rights Reserved.