「 ア行 」 一覧

単弓類

エステメノスクス、ペルム紀末の大量絶滅で滅んだ単弓類

2017/12/22    ,

エステメノスクス エステメノスクスは、「古生代 ペルム紀後期(2億5200万年前)」の東ヨーロッパやロシアにすんでいた単弓類です。 体長は4m、大きくて長い頭骨は長さ70cmにもなり、頭骨は派手な角や ...

絶滅哺乳類

エルナノドン、新生代初期の植物食の哺乳類は大きな牙がトレンドだった

2017/12/17    ,

エルナノドンは、古第三紀 暁新世後期に、中国にすんでいた動物です。

前腕が頑丈で穴掘り用の大きな爪を持っていますが、歯が貧弱なことから、植物ではなく、アリやシロアリ、ミミズなどを食べていたと考えられています。

絶滅哺乳類

アンドリュウサルクス、6本牙でヒヅメを持っていた史上最大級の陸生肉食動物

2017/12/16    ,

アンドリュウサルクス アンドリュウサルクスは、古第三紀 始新世中期(4130万年前~3780万年前)のアジアにすんでいた大型の肉食動物です。 体長は推定3.5m。陸生の肉食性の哺乳類では史上最大級です ...

絶滅哺乳類

ウインタテリウム、大きな牙と6本の角を持つ大型植物食哺乳類

2017/12/16    ,

ウインタテリウム ウインタテリウムは、新生代 古第三紀 始新世中期(4130万年前~3780万年前)に北アメリカとアジアにすんでいた大型の植物食動物です。 体長3m、サイぐらいの大きさで、頭には6本の ...

絶滅哺乳類

アデロバシレウス、ウンコ化石の中から見つかった最古の哺乳形類

2017/12/05    ,

アデロバシレウス アデロバシレウスは中生代 三畳紀後期の北アメリカにすんでいた哺乳形類です。 1.5cmほどの頭骨しか見つかっていませんが、現在見つかっている哺乳形類では最古の種類です。 アデロバシレ ...

絶滅哺乳類

アンボンドロ、マダガスカルで見つかったカモノハシやハリモグラの祖先

2017/12/01    ,

アンボンドロ アンボンドロは、中生代 ジュラ紀中期のマダガスカルにすんでいた哺乳類です。 体長は推定6cmほどで、下あごの一部しか見つかっていませんが、 現生の哺乳類の単孔類(カモノハシ、ハリモグラ、 ...

恐竜類

アウカサウルス、南半球のヘンテコ恐竜アベリサウルスの仲間

2017/11/01    , ,

アウカサウルス アウカサウルスは、白亜紀後期のアルゼンチンにすんでいた肉食恐竜です。 アベリサウルス類という、南半球でしか見つかっていない変顔系の変わった恐竜グループの仲間です。 アウカサウルス 学名 ...

恐竜類

ウーラノサウルス、アフリカにすんでいた帆のあるイグアノドン類

2017/08/20    , ,

ウーラノサウルス ウーラノサウルスは、アフリカにすんでいた大型の植物食恐竜です。 口先がカモのクチバシのように平たく、背中に帆を持つのが特徴です。 イグアノドン科のなかでは唯一アフリカ大陸で見つかって ...

恐竜類

アギリサウルス、全ての鳥脚類の共通する祖先?

2017/08/19    , ,

アギリサウルス アギリサウルスは、ジュラ紀中期の中国にすんでいた小型の植物食恐竜です。 中国の自貢(じこう)恐竜博物館を建てている建築現場で発見されました。 アギリサウルスの含まれる『ファブロサウルス ...

恐竜類

エドモントサウルス、どんなトサカ?、こんなトサカ?

2017/08/19    , ,

エドモントサウルス エドモントサウルスは、白亜紀末期のアメリカやカナダにすんでいたハドロサウルス類(カモノハシ竜)です。 頭部に隆起がないのでトサカを持っていないと考えられていましたが、 保存状態のよ ...

Copyright© ひとり古生物祭り , 2018 All Rights Reserved.