「 ア行 」 一覧

周飾頭類

インロン、最古の角竜類はアジア産の二足歩行の小型恐竜だった

2018/07/14    , ,

インロン インロンは、ジュラ紀後期の中国にすんでいた角竜類で、現在見つかっている最古の角竜類です。 体長は約1mで、角もフリルもありませんがクチバシに角竜類オリジナルの特徴を持っています。 インロン ...

周飾頭類

アウロラケラトプス、アジアに居残ったネオケラトプス類

2018/07/14    , ,

アウロラケラトプス アウロラケラトプスは、白亜紀前期の中国にすんでいた角竜類です。 あるんだかないんだか分からないくらいのフリルを持つ2足歩行の角竜類です。 角竜類のなかでも、原始的な仲間から少しだけ ...

現生哺乳類

アブラコウモリを捕まえた話。手乗りコウモリはかわいい。

2018/02/19    ,

アブラコウモリ(イエコウモリ) アブラコウモリは家コウモリとも呼ばれ、日本では民家の近くにすむ小型のコウモリです。 夕方にパタパタ飛んでいるコウモリはたいがいアブラコウモリ。 アブラコウモリ 分類:哺 ...

絶滅哺乳類

エナリアルクトス、アザラシやアシカのご先祖様

2018/02/12    ,

エナリアルクトス エナリアルクトスは最も古い鰭脚類(ききゃくるい)の仲間で、2300万年前~2000万年前の北アメリカや日本にすんでいました。 すべての鰭脚類のグループ(アザラシ科、アシカ科、セイウチ ...



現生哺乳類

現生のアンテロープの仲間7種

2017/12/29    ,

アンテロープの仲間7種 アンテロープというのは、ウシやヤギやヒツジを除く、ウシ科の仲間の総称です。 脚が長くて細長いツノを持ち、シカ科の仲間に似た姿をしています。 アンテロープの仲間の角は、シカ科の角 ...

獣脚類

オヴィラプトル、鳥のように卵を温めていた食性不明の歯無し恐竜

2017/12/23    , ,

オヴィラプトル(オビラプトル) オヴィラプトルは白亜紀後期のモンゴルにすんでいた2足歩行の恐竜です。 極端に寸詰まりの顔にクチバシを持ち、歯はありません。 ちょっと変わった恐竜です。 オヴィラプトルの ...

古生代の生物

エステメノスクス、ペルム紀末の大量絶滅で滅んだ単弓類

2017/12/22    ,

エステメノスクス エステメノスクスは、「古生代 ペルム紀後期(2億5200万年前)」の東ヨーロッパやロシアにすんでいた単弓類です。 体長は4m、大きくて長い頭骨は長さ70cmにもなり、頭骨は派手な角や ...

絶滅哺乳類

エルナノドン、新生代初期の植物食の哺乳類は大きな牙がトレンドだった

2017/12/17    ,

エルナノドンは、古第三紀 暁新世後期に、中国にすんでいた動物です。

前腕が頑丈で穴掘り用の大きな爪を持っていますが、歯が貧弱なことから、植物ではなく、アリやシロアリ、ミミズなどを食べていたと考えられています。

絶滅哺乳類

アンドリュウサルクス、6本牙でヒヅメを持っていた史上最大級の陸生肉食動物

2017/12/16    ,

アンドリュウサルクス アンドリュウサルクスは、古第三紀 始新世中期(4130万年前~3780万年前)のアジアにすんでいた大型の肉食動物です。 体長は推定3.5m。陸生の肉食性の哺乳類では史上最大級です ...



絶滅哺乳類

ウインタテリウム、大きな牙と6本の角を持つ大型植物食哺乳類

2017/12/16    ,

ウインタテリウム ウインタテリウムは、新生代 古第三紀 始新世中期(4130万年前~3780万年前)に北アメリカとアジアにすんでいた大型の植物食動物です。 体長3m、サイぐらいの大きさで、頭には6本の ...

Copyright© ひとり古生物祭り , 2019 All Rights Reserved.