カ行

恐竜・獣脚類

カウディプテリクス、原始的なオヴィラプトロサウルス類だった尾羽鳥

カウディプテリクス カウディプテリクスは白亜紀前期の中国にすんでいた羽毛恐竜です。 オヴィラプトル(オヴィラプトル科)やギガントラプトル(カエナグナトゥス科)などが含まれるグループ「オヴィラプトロサウ ...

恐竜・竜脚形類

カマラサウルス、ポピュラーな竜脚類だがしかし、意外に知らないこと多し

カマラサウルス カマラサウルスは、ジュラ紀後期の北アメリカにすんでいた大型の竜脚類です。 竜脚類代表のような恐竜ですが、調べると意外に知らなかったことが多いです。 カマラサウルス(幼体) 学名:Cam ...

恐竜・獣脚類

グアンロン、最も原始的なティラノサウルス類

グアンロン グアンロンはジュラ紀後期の中国にすんでいたティラノサウルス類です。 現在見つかっているもっとも原始的なティラノサウルス類で、グアンロンから約7500万年後、有名なティラノサウルス・レックス ...

そこらへんの変ないきもの

コウガイビル、ナメクジ除けの御札

コウガイビル コウガイビルは、海にすむヒラムシや、淡水にすむプラナリア(ヒラムシ)の親戚で、森林にすみます。 名前に「ヒル」と付きますが、ヒルとは別の動物で、吸血はしません。 見た目はこんなナリですが ...

恐竜・鳥脚類

カムイサウルス、北海道のむかわ竜、新属新種で学名「神の竜」に

カムイサウルス(むかわ竜) カムイサウルスは白亜紀後期の日本にすんでいたハロドサウルス類(カモノハシ竜)です。 北海道むかわ町で見つかったことから愛称「むかわ竜」と呼ばれていましたが、新種であることが ...

恐竜・獣脚類

カルノタウルス、短い鼻ヅラは獲物に食らいつくため?

カルノタウルス カルノタウルスは白亜紀後期のアルゼンチンにすんでいた肉食恐竜です。 アベリサウルス科という少し変わった恐竜グループの仲間です。 カルノタウルス 学名:Carnotaurus sp.(カ ...

恐竜・獣脚類

ガソサウルス、テタヌラ類最古か、天然ガストカゲ

ガソサウルス ガソサウルスはジュラ紀中期の中国にすんでいた獣脚類です。 獣脚類のうち、テタヌラ類と呼ばれる尻尾がピンと張った仲間の中では最古の種類です。 ガソサウルス 学名:Gasosaurus sp ...

Kunmingosaurus

恐竜・竜脚形類

クンミンゴサウルス、少し原竜脚類寄りの竜脚類

クンミンゴサウルス クンミンゴサウルスは、ジュラ紀前期の中国にすんでいた竜脚類です。 竜脚類の中では原始的な姿をしています。 クンミンゴサウルス 学名:Kunmingosaurus wudingens ...

古生代の生物

クセナカンサス、3億年前の淡水域のサメ

クセナカンサス クセナカンサスは古生代 デボン紀後期~ペルム紀中期(約3億5900万年前~約2億7000万年前)のサメの仲間です。 海ではなく淡水域にすんでいました。 クセナカンサス 学名:Xenac ...

古生代の生物

クラドセラケ、3億年前の原始的なサメはすでにサメ体型

クラドセラケ クラドセラケは古生代 デボン紀後期の海にすんでいたサメの仲間です。 約3億5900万年前のサメですが、姿はすでに現在のサメとほとんど変わりません。 クラドセラケ 学名:Cladosela ...

© 2020 ひとり古生物祭り